山上徹也母親の写真画像と今どこか現在の行方について!記者会見も引っ越しも統一教会に依存

安倍元総理を襲撃した事件の容疑者である山上徹也(42)の母親の現在の写真画像や統一協会との関わりについて紹介します。

山上徹也容疑者の母は今どこで、現在の行方についても紹介しますね。

こちらの記事で紹介すること

●山上徹也容疑者の母親写真画像
●山上徹也容疑者の母親の現在
●山上徹也容疑者の母親の事件後から現在に至るまでの様子
●山上徹也容疑者の母親の記者会見は頓挫
●国葬付近のタイミングでの母親の謝罪コメント発表も頓挫
●統一教会が山上徹也の母の面倒を見る理由

うさみー
こちらの記事では、山上徹也容疑者の母親の写真画像や現在どこにいるのか行方について、また現在に至るまでの様子と統一教会との関係について紹介しています。

山上徹也母親の写真画像

2022年7月8日に安倍晋三元総理(67)を銃撃した山上徹也容疑者の母親画像が週刊文春に掲載されていました。

うさみー
ちなみにこちらの画像は、教団幹部らと打ち合わせ後、帰路につく様子なのだそうです。

山上徹也容疑者の母親は今どこ?現在の行方について!

山上徹也の母親(70)の現在の行方についてですが、元教会長の小野大輔氏(仮名)や教団幹部の澤田拓也総務局長などにお世話になりながら、教団の庇護のもと、大阪府内で猫と一緒に暮らしているそうです。

 

元教会長の小野大輔氏(仮名)は山上徹也の母の代理人を自称しているようで、メディアに対して『山上徹也の母親への問い合わせは自分を通すように』とメールで通達を出しているとのこと。

 

現在山上徹也容疑者の母親の全ての行動は元教会長の小野大輔氏(仮名)の管理下にある様子。

うさみー
旧統一教会と山上徹也の母親の関係は今後も続いていきそうです。

山上徹也容疑者の母親の事件後から現在に至るまでの様子

山上徹也容疑者の母親が事件後から現在に至るまでの様子について詳しく紹介していきます。

山上徹也の母親は事件直後義兄の家へ身を寄せる

山上徹也容疑者の母親は、事件直後、マンションの管理人の仕事を辞めて奈良県の自宅を出て、大阪府にある義兄(山上徹也の伯父)の家に身を寄せていました。

 

しかし、義兄(山上徹也の伯父)と統一教会の事で言い争いになり、2022年8月7日に愛猫を連れて大阪府の家を飛び出したそうです。

 

義兄の家には1カ月ほどお世話になっていたようです。

元教会長の小野大輔氏(仮名)と連絡を取り合い大阪市内のホテルで過ごす

週刊文春の古参信者への取材によると、ある時期から元教会長の小野大輔氏(仮名)と連絡を取り合うようになった山上徹也の母親は、義兄の家を出た後、大阪市内の高級ホテルに仮住まいしていたようです。

 

結局、頼る先は長年帰依した統一教会しかなかったのでしょう。

15年住んでいた奈良県の借家を引き払う

山上徹也の母親が15年住んでいた奈良県の借家は8月末に引き払う予定となっていたそうですが間に合わず、9月15日に出ていったのだそうです。

 

引越し作業は旧統一教会の関係者が手伝ったようです。

大柄な中年男性が家の中から段ボール箱をいくつも運び出して白いワンボックスのレンタカーに載せて、引っ越し作業をすすめたそうです。

 

近隣住民の話によると、引越し作業は1日で終わらず、何日かに分けてやっていたそうで、私服姿の男性が2、3人で軽トラやバンに乗って来ることもあったとのこと。

 

一軒家を貸していた家主によると、「挨拶のひとつもなかった、逃げるように出ていった」のだそうです。

ご近所さん4軒には食器用の小さな洗剤を置いていったとのことです。

山上徹也の母親は現在大阪府内で猫と一緒に暮らしている

そうして15年住んでいた奈良県の借家を引き払った山上徹也の母親は、現在元教会長の小野大輔氏(仮名)や教団幹部の澤田拓也総務局長などにお世話になりながら、教団の庇護のもと、大阪府内で猫と一緒に暮らしているようです。

 

新居がアパートなのか、マンションなのかなどの情報はわかりませんが、何をするにも全て元教会長の小野大輔氏(仮名)に相談しながら現在に至ったようですね。

山上徹也容疑者の母親の記者会見は頓挫

2022年8月9日、山上徹也の母親が「記者会見を開きたい」との意向を示していると報道がありました。

現在は、記者会見については元教会長の小野大輔氏(仮名)が「やらない、その話はもう無くなってしまいました」と語っており、頓挫した模様。

 

山上徹也の母親が記者会見をやりたかった理由は、自分の言葉が知らないところで独り歩きしていると感じたことが原因のようです。

自分の本当の気持ちを言いたい、また、事件からひと月も経っているのに沈黙したままでは申し訳ないという思いがあったからなのだそうです。

 

記者会見の内容について山上徹也の母親がまとめた文書を見て、元教会長の小野大輔氏(仮名)は「会見はやめた方がいい」と意見したのだそうです。

 

理由は、

  • 考えがまとまっていない
  • 袋叩きになってしまうだけだから
  • どうしても教会が裏で糸を引いているように思われてしまうから

とのことでした。

国葬付近のタイミングでの母親の謝罪コメント発表も頓挫

山上徹也の母親が記者会見を開きたいといった意向や、何らかの形で気持ちを述べる機会がほしいとのことから、国葬付近のタイミングでコメントの発表や、実際に山上徹也の母親が国葬で安倍さんに手を合わせるという話も出ていました。

そのコメント発表についても、元教会長の小野大輔氏(仮名)が主導で原案を作成したものを使う予定だったのだそうです。

原案に山上徹也の母親が目を通し、元教会長の小野大輔氏(仮名)がさらに手を加えて発表する予定だったようです。

 

しかし、そのコメント発表も元教会長の小野大輔氏(仮名)が「やらない」と語っているそうです。

理由については、山上徹也の母親は引っ越しで忙しく、コメントがまとまらなかったとのこと。

統一教会が山上徹也の母の面倒を見る理由

以上のような一連の流れから、山上徹也容疑者の母は事件後もなお教団にべったり、何をするにも教団に相談ありきといった様子が受け取れます。

 

週刊文春の記事によると、統一教会側も

「脱会されて、息子が事件を起こしたのは教会のせいと言われては困る」

「長年献金と称して搾取されてきたが目が覚めた」

などと会見で話されてはたまらないという気持ちがあり、一生面倒を見ていくつもりなのではないかとのことです。

 

さらには、元教会長の小野大輔氏(仮名)は山上徹也容疑者の妹からも「マスコミに山上家について一切話さないでほしい」などと依頼される立場になっているそうです。

うさみー
元教会長の小野大輔氏(仮名)、もはや山上家のマネージャーみたいになってますね…。

山上徹也母親の写真画像と今どこか現在の行方について!記者会見も引っ越しも統一教会に依存:まとめ

こちらの記事では、山上徹也容疑者の母親の写真画像や現在について、また現在に至るまでの様子と統一教会との関係について紹介しました。

 

母の心を取り戻したいと願っていた山上徹也容疑者の願いは未だ叶わず、妹までも元教会長の小野大輔氏(仮名)に頼る現状となっているようですね。