Twitterサービス終了でなくなるのいつ?理由や本当なのかについて(トレンド入りなぜ)

2022年11月18日に日本のTwitterでは「Twitter終了」がトレンドする事態に。

Twitterサービスが終了する理由やなくなるのはいつなのか、本当にありえるのかについて調査してみました。

こちらの記事で紹介すること

●Twitterサービス終了でなくなるのいつ?本当なの?
●Twitterサービス終了がトレンド入りした理由
●Twitterサービス終了トレンド入りに対する世間の声は?

うさみー
こちらの記事では、Twitterサービスがなくなるのはいつなのか、本当なのかについて、またTwitterサービス終了がトレンド入りした理由はなぜなのかについて紹介しています。

Twitterサービス終了でなくなるのいつ?本当なの?

2022年11月18日の現段階では、Twitterがサービス終了するという発表は確認できていません。

つまり、いつなくなるのかということについては不明です。

 

ただ、近い将来Twitterサービスが終了することはないとはいいきれませんが、イーロン・マスク氏はTwitterのブランドを強化していきたいと考えているようですのでTwitterが終了するのはまだ先の話なのではないかと考えられます。

うさみー
Twitterの名前はちゃんと残して、すっごくツールが変化する可能性はあるかもしれませんね。

 

※2022/11/22追記

イーロン・マスク氏は、11/21に行われた全社会議で

「Twitterは米国中心のように見えるかもしれないが、どちらかといえば日本中心だ」

と語られたそうです。

 

日本の人口はアメリカの3分の1ほどなのですが、日本のTwitterのアクティブユーザー数はアメリカとほぼ変わらないのだそうです。

技術部門では、大幅な部分をゼロから再構築する必要があるとお考えのようで、日本、インド、インドネシア、ブラジルでは新たにエンジニアリングチームを立ち上げる予定があるとのことです。

つまり、日本のTwitterは特になくなる方向性では考えられていないということが推測できますね。

Twitterサービス終了がトレンド入りした理由

「Twitter終了」がトレンド入りした理由についいては、Twitterを買収したイーロン・マスク氏がTwitter社の従業員の大量解雇を行い、Twitterに残った従業員が「今週の退職者の規模を考えると、プラットフォームが間もなく壊れ始める」と話したことが原因のようです。

 

うさみー
順を追って説明しますね。

2022年10月28日、イーロン・マスク氏がTwitterの買収を完了しました。

イーロン・マスク氏がTwitterを買収した理由としては、

  • 言論の自由の確保
  • 人類の助けになりたい
  • Twitterブランドの強化をしたい
  • Twitterを企業の成長を助ける最も尊敬される広告プラットフォームにしたい

といった思惑があるようです。

 

そして、現在記録的なインフレにより、物価の上昇にともなって人件費もかさみIT企業は業績が悪くなりつつあるとのこと。

特に巨大IT企業は米国経済が減速するかもしれないという強い懸念に初めて直面しているようです。

 

そんな中、米Twitterのイーロン・マスクCEOは就任時に従業員の大量解雇を行いました。

Twitter社の社員数は7500人から2900人に減少したのだそうです。

イーロン・マスク氏は全従業員に「会社に残ってハードコアに働くか、辞めるか」と選択を委ねたとのこと。

 

そして現在、Twitterに残った従業員が、退職者があまりにも多く、これじゃあTwitterの運営ができないよと嘆いたというわけですね。

 

その状況を、米国のメディアやメディア関係者が一斉に報じたところ、Twitterのサービス維持が困難になるのではないかとの憶測が広まったようです。

うさみー
イーロン・マスクさんは、Twitterをなくす方向では考えていないと考えられます。
てか、潰したら何のために買収したのか?って話になりますしね。

Twitterサービス終了トレンド入りに対する世間の声は?

Twitterサービス終了がトレンド入りしたことで、世間からは様々な意見が出ています。

一部を紹介しますね。

Twitterサービス終了でなくなるのいつ?理由や本当なのかについて:まとめ

こちらの記事では、Twitterサービスがなくなるのはいつなのか、本当なのかについて、またTwitterサービス終了がトレンド入りした理由はなぜなのかについて紹介しました。

 

Twitterが終了することは正式に発表されているわけではなく、人々の心配や憶測が噂となってしまったようですね。

しかし、Twitter社ではCEOが変わり、人員削減など大きな改革が起きているのは事実。

今後Twitterがどのような進化を遂げるのか、改革の先には成功があるのか、注目が集まりそうです。