東北放送アナウンサー退職者多い理由!転職先や辞めた後は何してる?

東北放送(tbc)では今年3月から9月までに計6人のアナウンサーが退職しています。

半年間で在籍アナウンサー19人のうち6人(約3割)という多くの人数が退職しており、かなりの異常事態となっているようです。

東北放送のアナウンサーの退職者が多い理由について紹介します。

こちらの記事で紹介すること

●東北放送アナウンサーの退職者が多い理由4つ
●辞めたアナウンサーの転職先は?

うさみー
こちらの記事では東北放送のアナウンサーが続々と辞めている理由についてや、辞めた後現在は何をされているのかについて紹介しています。

東北放送アナウンサーの退職者が多い理由①
とにかく多忙で激務

東北放送はテレビだけでなく、ラジオも同じメンバーで作っているのだそうです。

ゆえに、他局より仕事量が多くなってしまうのだそう。

 

泊まり勤務の前後にロケ・野球中継が入ることもあるほど忙しい様子です。

移動が続き、食事の時間がないことも起こっているそうです。

 

旧社屋時代は仮眠室が老朽化していたため、泊まり勤務をして体調を崩した人もいたのだとか。

うさみー
体調崩す程働いている方もいらっしゃるようですね…

労務管理に問題はない

労働基準監督署にご指導を仰ぎ、基準に沿っているので労務管理については問題ないとのことです。

新しくなった社屋では、入館から退館まで全て記録をとって管理しているのだそうです。

 

気になる待遇については、アナウンサーは社員と同待遇とのことで、さらに手当も付き、色んな意味で待遇は良い方だとのこと。

 

しかし、地方局の経営は厳しく、人件費も削減せざるを得ない状況なのだそうで、賞与が減ることもあったそうです。

うさみー
ものすごく働いてもボーナス減るのはやるせないですよね。。

東北放送アナウンサーの退職者が多い理由②
たまたま時期が重なった

退職理由については、自分の夢や将来について考え退職する人もいるし、家族のことがきっかけで退職する人も、まなどそれぞれ個々に事情があり退職しているそうです。

たまたま時期が重なってしまった、ということもあるのかもしれません。

うさみー
はじまりはたまたま時期が重なった、なのかもしれませんが次の理由へ続きます。

東北放送アナウンサーの退職者が多い理由③
負のスパイラル

実は、退職者が多いのは今年だけではないようです。

2018年から2021年で9人が退職しています。(内定年退職は2人)

 

人が減ることによって、個々の仕事量が増え、疲れてやさらに辞めてしまう人が続出、という負のスパイラルが続いているのが現実のようです。

うさみー
同僚が次々と辞めていくと、やる気が下がったりすることもありそうですね。

東北放送アナウンサーの退職者が多い理由④
専門性を磨けず不満が溜まった

多忙で激務なことから、アナウンサー自信が自分のやりたい事ができないというのも理由の一つのようです。

 

報道や、バラエティ、スポーツなど各々やりたいジャンルはあるのだそうですが、仕事量の多さから選ぶことができず専門性を磨けないという問題があるようです。

 

アニメ番組や報道、バラエティーとそれぞれ希望があっても、キャスティング会議で反映されず、不満が溜まってしまうようです。

うさみー
実はこれが一番精神的に辛いのかもしれませんね…

辞めたアナウンサーの転職先は?今なにしてる?

東北放送を辞めたアナウンサーは今どのように活躍されているのでしょうか。

袴田 彩会(はかまだ あやえ)はフリーアナウンサーに

袴田 彩会(はかまだ あやえ)アナは元東北放送アナウンサーで2018年に退職されました。

現在はフリーアナウンサーとして活躍中で、元プロ野球選手のユーチューブチャンネルのアシスタントをされており、人気が高いようです。

三浦菜摘(みうら なつみ)は声優に

三浦菜摘(みうら なつみ)アナは東北放送を2022年8月に退社されました。

中央大学理工学部生命学科卒業で“リケジョ”と言われる三浦菜摘さんですが、現在は声優事務所「スチールウッドガーデン」に所属し、声優・ナレーターとして、様々なことにチャレンジしていくとのことです。

林朝子(はやし ともこ)は心理カウンセラーに

林 朝子(はやし ともこ)アナは2021年に東北放送を退社されました。

2019年に出産され、産後うつを経験して人生が変わったとのことです。

育休中に心理カウンセラーの資格を取得され、現在は心理カウンセラーとして活躍されています。

うさみー
ご自身の歩むべき新な道を見つけた方も多いようですね。

東北放送アナウンサー退職者多い理由!転職先や辞めた後は何してる?:まとめ

こちらの記事では東北放送のアナウンサーが続々と辞めている理由についてや、辞めた後現在は何をされているのかについて紹介しました。

 

離職率の高い職場というのには、何かしらのワケがあるということですね。