スノーピークの社長のタトゥーが気になる!山井梨沙はどんな人?

日本のアウトドア製品の開発・製造・販売を手掛けているブランド「スノーピーク」の3代目社長は山井梨沙さんという女性の方です。

若き女性リーダーとして注目されていますが、スノーピークの社長である山井梨沙さんにはタトゥーが入っているとの噂があります。

タトゥーを入れられている方は日本人にも多くいますが、日本の上場企業のトップに立つ人ともなるとタトゥーを入れられている方は珍しいのではないでしょうか。

気になる「スノーピーク」の3代目社長、山井梨沙さんのタトゥーの真相に迫るとともに、山井梨沙さんがどのような人なのか調べてみたいと思います!

Sponsored Link

スノーピークの社長のタトゥーが気になる!山井梨沙はどんな人?

 

山井梨沙プロフィール

名前:山井梨沙(やまいりさ)

生年月日:1987年11月10日

年齢:33歳(2021年10月現在)

出身地:新潟県燕市

兄弟:4人兄弟の長女(弟、妹がいる)

最終学歴:文化ファッション大学院大学

大学卒業後はアパレルブランド企業に就職

2012年スノーピークに入社

2014年にアパレル事業を立ち上げ、様々なヒット商品を生み出し売上高20億円にまで成長させた。

2020年父の後を継ぎ、スノーピーク社長に就任

Instagram:lisayamai(山井 梨沙)

Sponsored Link

山井梨沙は本当にタトゥーを入れているの?

タトゥーの真相を確かめるべく、山井梨沙さんのインスタグラムを拝見させていただきました。

すると、いくつか両腕にタトゥーを確認する事ができました。

 

Sponsored Link

山井梨沙がタトゥーを入れた理由とは?

山井梨沙さんが自分の身体にタトゥーを入れているのには理由があるそうです。

ファッション感覚で入れたものではないそうです。

タトゥーとして入れているデザインは、「好きな言葉」であったり、「地元である新潟のモチーフ」であるそうです。

山井梨沙さんが「生涯かけて向き合うもの」という意味や、信念がこもったものであるとの事。

 

社長に就任後は、山井梨沙さんのタトゥーが入った写真がメディアによってリリースされたことで、株主の不安も煽りましたし、バッシングの対象になりました。

社長を引き継いだこと自体「世襲人事」や「同族経営」と批判されただけでなく、「タトゥ-を入れた小娘」が社長を引き継ぐことが、本人の能力とは関係なく、誹謗中傷のネタにされたのも事実です。

地元新潟からも、またSNS上でもあまり好意的でない投稿が相次ぎ、無名の誹謗中傷に見舞われ、女性差別としか思えないコメントもいっぱい受け取ることになったそうです。

 

しかし、2020年12月22日に放送されたテレビ番組「セブンルール」に出演された山井梨沙さんは、特にタトゥーを隠すそぶりを見せなかったですし、その後も堂々としていらっしゃいます。

そんな山井梨沙さんを見ていると、タトゥーを入れた事に後悔もないし、負い目も感じていないと感じ取れます。

山井梨沙さんのタトゥーには、ただならぬ決意が込めれれているのではないでしょうか。

Sponsored Link

山井梨沙の経営手腕は?

山井梨沙さんは大学卒業後、すぐにスノーピークに就職したわけではなく、スノーピークに入社することは考えていなかったそうです。

大学卒業後、国内のアパレルブランドに約1年勤務し、仕事で悩んだ時に父親に相談したところスノーピークに誘われたのがきっかけで入社したそうです。

 

2012年にスノーピークに入社してからは、2014年にアパレル事業を立ち上げると、2019年12月期で17億2000万円規模にまで成長させました。

勿論、2012年に入社してから2013年にはアパレル事業課マネージャーとなっていますし、2016年1月には同社執行役員アパレル事業本部長に就任されていますから経営者の娘という異例の人事だった事に間違いはありません。

しかし、アパレル事業をしっかりと牽引し、売り上げを上げている事も事実ですので、経営手腕が高く評価されていると言って良いでしょう。

 

誹謗中傷などにより、すごく悔しい思いをした事もあるでしょう。「今に見てろ」、といった思いに突き動かされるように、山井梨沙さんはアウトドアの機能性と街でも着られるデザインを兼ね備えたファッションを作り上げ、毎シーズン完売を繰り返しているようです。

そして、山井梨沙さんは、会社に入って父親から助言された事や、父親に助けを求めた事もないそうです。

そこには、幼い頃から毎週末のように父と行ったキャンプで、「自分で考えて、とにかく自分で経験積んで、自分で判断しろ」と言われた経験が生かされているのだそうです。

まとめ

日本のアウトドア製品の開発・製造・販売を手掛けているブランド「スノーピーク」の3代目社長の山井梨沙さんは、タトゥーを入れているという事で話題になりました。

実際、山井梨沙さんのインスタグラムから、タトゥーを両腕に入れている事が確認できました。

しかし、タトゥーを入れている事には意味や強い信念があり、生半可な気持ちではないようです。

バッシングや誹謗中傷も乗り越え、強い信念と強い心で、山井梨沙さんはスノーピークのアパレル事業を大きく成長させたのだと感じる事ができました。

現代の強き女社長、山井梨沙さんの活躍をこれからも楽しみにしています。

Sponsored Link