佐々木亮太アナウンサー顔の絆創膏の理由はなぜ?シミ取りや怪我?

2023年1月5日の情報番組、『大下容子ワイド!スクランブル』に出演されていた佐々木亮太アナウンサーの顔にたくさんの絆創膏(カットバン)が貼られていました。

翌日の1月6日にも佐々木亮太アナウンサーの顔に絆創膏(カットバン)があまりにもたくさん貼ってあったので、何があったのか気になって調査してみました。

こちらの記事で紹介すること

●佐々木亮太アナウンサー顔の絆創膏の理由はなぜ?
●理由考察①怪我
●理由考察②シミ取りレーザー

うさみー
こちらの記事では、2023年1月6日現在『大下容子ワイド!スクランブル』に出演されている佐々木亮太アナウンサーが、顔に絆創膏(カットバン・バンドエイド)を貼られている理由について紹介しています。

佐々木亮太アナウンサー顔の絆創膏の理由はなぜ?シミ取りや怪我?

佐々木亮太アナウンサーの顔の絆創膏(カットバン)は、1月5日から貼られているようです。

肌色のテープなので、遠くから見るとわかりにくいですね。

1月6日にワイドスクランブルに出演されていた佐々木亮太アナの顔にもまだ絆創膏(カットバン)は貼られていました。

なぜたくさんの絆創膏(カットバン)を貼っているのか理由を調べてみたのですが、1月6日現在、情報は特にありませんでした。

何があったのか考察してみたいと思います。

佐々木亮太アナウンサー顔の絆創膏の理由①怪我

佐々木亮太アナが顔に絆創膏を貼っている理由考察の1つめは、何かしらの怪我です。

顔の絆創膏を見ると、左右の頬の上の方と鼻の上の方に、合計3枚貼られています。

 

一気に3箇所怪我をするというのはなくはないかもしれませんが、あまりにも左右に離れた場所なので怪我というのは少し考えにくいのかもしれないと感じました。

佐々木亮太アナウンサー顔の絆創膏の理由②シミ取りレーザー

佐々木亮太アナが顔に絆創膏を貼っている理由考察の2つめは、シミ取りレーザーを行ったのではないかと考えました。

 

シミ取りのレーザーは、照射後にスキントーンのテープを貼る事が多いようです。

今回の佐々木亮太アナの絆創膏の場所は、頬の上の方と鼻の上の方の3か所です。

 

1月2日のテレ朝アナのツイートとして顔写真をTwitterに掲載されているのですが、その時の写真画像をよく見ると、現在絆創膏のようなテープが貼られている場所にうっすらとシミのようなものを確認することができます。

ちなみにこちらの画像は2022年の5月にツイートされたものですが、こちらでも同じ場所にシミのような存在が確認できます。

シミ取りレーザーを受けた可能性が非常に高いのではないでしょうか。

 

ちなみに、シミ取りレーザーは男性も行う方が多く、最近では値段も安くなり気軽に受けることができるのです。

実際に私の祖父や友人もシミ取りレーザーを受けました。

 

レーザー治療をした部位は、照射してから3日から2週間ほど経つと、照射部位がかさぶたになって剥がれるそうですので、今後もしばらく顔に絆創膏のようなテープを貼られている可能性があります。

 

もし今後、佐々木亮太アナの顔の絆創膏(カットバン)がなくなったとき、シミは薄くなっているようであればレーザーを受けたということなのでしょう。

毎日テレビにお顔を出すお仕事ですから、清潔感を保つためにもお顔のケアに気を遣われているのかもしれませんね。

佐々木亮太アナウンサー顔の絆創膏の理由はなぜ?シミ取りや怪我?:まとめ

こちらの記事では、2023年1月6日現在『大下容子ワイド!スクランブル』に出演されている佐々木亮太アナウンサーが、顔に絆創膏(カットバン・バンドエイド)をたくさん貼られている理由について紹介しました。

 

理由を考察してみると、シミ取りレーザーを受けた可能性が高いのではないかと感じました。

全く違う理由だったらすみません。

今後の佐々木亮太アナのお顔の変化に注目してみたいと思います。