野良サウナって何?かたづく!ロバート秋山さん面白すぎる!

野良サウナって言葉、耳にした事ありますか?野良サウナって何だろう、どうゆう事?と思いますよね。

しかも野良サウナの後は「かたづく」という言葉を使うとの事。

すごくパワーのあるワードですね。サウナの後は「ととのう(整う)」というのは良く聞いたことがあるのですが、「かたづく」とは一体どういう意味なのでしょうか。

「野良サウナ」と「かたづく」って何だろうと気になって調べてみました。

Sponsored Link

野良サウナって何?

野良サウナとは、ロバート秋山さんの大人気シリーズ、クリエイターズ・ファイルの#73に登場する、サウナ田ヒロユキ氏の言葉のようです。

ロバート秋山さんのクリエイターズ・ファイルとは、秋山さんが様々な架空のクリエイターをつくりあげて、その人を演じるという企画です。

YouTube ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#73 より

サウナ田ヒロユキさんの語る野良サウナとは、一般的なサウナとは違って、ネットにもガイドブックにも載っていないけれどサウナとしては成立する条件を満たしている、非公式なサウナの事を指すそうです。

誰も知らないサウナなので、接客やお金を払うシステムも存在しない、自分で開拓した場所の事だそうです。

つまり、サウナのような発汗をうながしてくれるような熱気のある場所であれば、どこでもサウナだという訳ですね!

 

サウナ田さんは、「熱あるところは、みなサウナ」という本を出版したという設定になっております。

その本の中で、普段よりも少し汗のかく場所のすべてをサウナと捉えて良いと語っているそうですよ。

サウナのような高温ではなくても、汗がかければサウナと言って良いそうです。

Sponsored Link

野良サウナの後は「かたづく」!

よく、サウナと水風呂を繰り返して深々ともに整った状態を「ととのう」と表現している方をみかけます。

しかし、サウナ田ヒロユキ氏はこの状態を「かたづく」と表現しています!

「かたづく」ってすごく新しいパワーワードですよね。

 

「かたづく」とは、

サウナで整えたらその荷物を片付けてゼロにしたい、「ととのう」では満足できない!

という意味が込められているそうです。

 

この言葉選びも、秋山さんの面白さがすごく出ていますよね。

今後はサウナの後は「かたづく」という人が増えるかもしれませんね。

Sponsored Link

具体的な野良サウナの場所とは?

具体的な場所として、以下のような場所が野良サウナとして語られています。

◆桑森さん宅の押し入れサウナ

古い民家の押し入れの中のようです。

確かに、夏場の押し入れの中とか閉めるとすごく暑くて汗が出ますよね。

◆テレビの裏サウナ

テレビの裏、確かに熱がこもってますよね(笑)

目の付け所がすごいです!

◆中華サウナ

これは、中華料理店の厨房の中をサウナと言っているようです。

熱した中華鍋にオイスターソースや豆板醤が入り、香りが散る時の事を「フライパンロウリュ」と語っています。

確かに厨房はすごく暑そうですよね。

◆持ち歩き式サウナボックス

良く晴れた日に外でサウナを楽しむために持ち歩く、自分を囲めるサイズの透明なボックスやビニールの事のようです。

アスファルトに水をかける事で、埃っぽい匂いがアスファルトロウリュとして楽しめるそうです。

真夏の焼け付いたアスファルトは本当にサウナみたいに熱いですよね。

やってみたい方は、熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ。

◆段ボールサウナ

これは上級者の野良サウナなのだそうです。

昼すぎから公園で段ボールに入って寝てしまい、そのまま一晩明かして朝になる事もよくあるとか。

それって、サウナというか…何というか…もはや家ですよね。

Sponsored Link

まとめ

野良サウナとは、普通のサウナ施設ではなく、熱が溜まって発汗作用のある場所を自分で開拓し、サウナとして楽しむという事でした。

「かたづく」とは、「ととのう」より強い表現として使うようですね。

 

熱あるところはみなサウナというだけあって、野良サウナはたくさんありそうですね。

皆さんも是非自分なりの野良サウナを探してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link