写真家の宮崎学に妻や家族はいるの?

「自然界の報道写真家」といわれる宮崎学さんは、50年に渡り野生動物の自然な表情を撮影し続けてきました。

長野県南部、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷を拠点に長年活動されていますが、宮崎学さんに奥さんやお子さんはいらっしゃるのでしょうか。

宮崎学さんの奥さんや家族はどのような方なのか気になったので調べてみる事にしました。

Sponsored Link

写真家の宮崎学に妻や家族はいるの?

23才の時にプロの写真家デビューをされた宮崎学さんですが、17才の時には病気も患ったそうです。

興味のある方はこちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

50年に渡り野生動物の自然な表情を撮影し続けてきた、「自然界の報道写真家」といわれる宮崎学さんですが、17才の時の体調を崩した事がきっかけでプロのカメラマンになったそうです。 写真家、宮崎学さんの経歴と、写真家プロデビューへの道のりは[…]

家族については語られていないので情報がなく、奥さんやお子さんがいるか確認する事はできませんでした。

 

しかし、宮崎学さんは過去2008年8月にテレビ番組「情熱大陸」でこのような言葉を残されています。

お金にならない仕事を何でやってらっしゃるんですか?という質問に対しての返答です。

好きなこととやれてさ、人生こんな幸せなものはないぜ。
みんな時間をね、自分の時間を、
金で買われているじゃない、世間は。
俺は逆よ。
時間を自分で買っているわけよ。
とりあえず家族を養ってさ、
最低限な生活が出来る幸せってあるのよ。

2008年08月10日放送 情熱大陸 宮崎学 自然界の報道写真家 より

この言葉から、宮崎学さんは家族を養っている状況にある(あった)のではないかという推測ができます。

まとめ

今回は写真家宮崎学さんには妻や子供がいるのかどうかについて調べてみました。

はっきりと家族の存在を確認できる情報はありませんでしたが、過去に出演された番組内での言葉から、

養っているご家族がいらっしゃるのではないかという推測をする事はできました。

今後何か新しい情報が入りましたらこちらの記事で紹介していきたいと思います。

Sponsored Link