アントニオ猪木病気や車椅子生活はいつから?闘病中の画像と動画も

元プロレスラーのアントニオ猪木さんが79歳で旅立たれました。

難病「全身性アミロイドーシス」で闘病中だったのですが、闘病生活の中で体重は激減し、身長も10センチ近く縮んだのだそうです。

アントニオ猪木さんの病気や車椅子生活はいつから始まったのでしょうか。

あわせてアントニオ猪木さんの闘病中の画像と動画を紹介しますね。

こちらの記事で紹介すること

●アントニオ猪木の病気や車椅子生活はいつから?
●アントニオ猪木闘病画像と動画

うさみー
こちらの記事では、病気や車椅子生活はいつから始まったのかについて紹介しています。また、アントニオ猪木さんの闘病生活中の画像や動画について紹介しています。

アントニオ猪木の病気や車椅子生活はいつから?

アントニオ猪木さんは、2018年に腰の激痛で手術を受けられた頃から体調の変化があったようです。

2019年秋には心疾患で約2カ月半の入院生活を送られました。

その後、2020年7月26日に、自身のツイッターで、難病の「全身性アミロイドーシス」という病におかされて闘病生活を送っていることを告白されました。

【全身性アミロイドーシスとは】
アミロイドーシスとは、一部のタンパク質が正常に折りたたまれずアミロイドと呼ばれる異常な線維を形成し、心臓、肺、肝臓、脾臓、胃・腸、腎臓などの様々な臓器に沈着して、臓器の機能障害を引き起こす病気のことです。引用:https://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000649.html

 

2020年の冬、温泉療養中にまたしても腰の激痛に襲われ緊急搬送されました。

このときは、敗血症及び呼吸不全と診断されましたようです。

その後は、脅威の回復をみせ、2021年3月にはリハビリ専用病院に転院されたようです。

 

しかし2021年の5月に腸捻転の疑いで緊急手術を受けることとなり、以後、車椅子生活で闘病をされていました。

アントニオ猪木闘病画像と動画

難病の「全身性アミロイドーシス」という病におかされて闘病生活を送っていらっしゃったアントニオ猪木さん。

アントニオ猪木さんはご自身のYouTubeチャンネルで闘病生活の様子を配信されていました。

 

ここ数年の闘病生活の画像と動画を紹介しますね。

2021年のアントニオ猪木闘病画像と動画

2021年は、脅威の回復をみせ3月にはリハビリ専用病院に転院されました。

しかし5月に腸捻転の疑いで緊急手術を受けられ、その後は車いす生活となりました。

\2021年7月のアントニオ猪木さん闘病動画 /

うさみー
アントニオ猪木さんは自らの元気を絞り出すように「元気ですかー!」と叫ばれていますね。

2022年のアントニオ猪木闘病画像と動画

 

\2022年6月のアントニオ猪木さん闘病動画 /

うさみー
手が動かない状態で一生懸命書いてくださったサイン色紙に心が震えますね。

アントニオ猪木病気や車椅子生活はいつから?闘病中の画像と動画も:まとめ

こちらの記事では、アントニオ猪木さんの闘病生活中の画像や動画について紹介しました。

また、病気や車椅子生活はいつから始まったのかについてもあわせて紹介させていただきました。

 

闘病中でも、アントニオ猪木さんは闘魂を忘れず、多くの人に夢や希望を与えたのですね。

うさみー
数々の感動を本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。