水木一郎の肺がんはステージ4!車椅子で闘病生活中も生涯現役を貫いた

アニソンの帝王として知られる歌手の水木一郎さん(享年74歳)が、2022年12月6日に永眠されました。

水木一郎さんの肺癌のステージや車椅子での闘病生活について振り返ってみたいと思います。

こちらの記事で紹介すること

●水木一郎の肺がんはステージ4で発覚
●水木一郎の肺がん闘病生活と治療や手術について
●水木一郎車椅子でステージに上がり熱唱
●水木一郎最後のステージは2022年11月27日、生涯現役を貫いた

うさみー
こちらの記事では、アニソン歌手の水木一郎さんの肺癌のステージや、発覚してからの闘病生活と治療や手術について、また車椅子ライブや最後のステージについて紹介しています。

水木一郎の肺がんはステージ4で発覚

水木一郎さんは2021年の4月に肺がんが発覚しました。

所属事務所の関係者によると、発覚時点で肺がんのステージは4だったとのことです。

 

2021年の4月に声がでにくいという異変から検査を受けたところ、リンパ節や脳への転移を伴う肺がんがみつかったそうです。

そして、2022年の7月26日に、水木一郎さんご自身のTwitterで肺がんについて公表されました。

水木一郎の肺がん闘病生活と治療や手術について

2021年の4月に、水木一郎さんは肺がんだと発覚されてからは、入退院を繰り返しながら放射線治療と抗がん剤の薬物治療を続けていたそうです。

始めに見つかった肺がんは病変が落ち着く効果が得られたのだそうです。

 

しかし2022年の6月に新たな肺がんが見つかり、6月中に手術を行ったとのこと。

術後の経過は良好だったそうで、声帯内注入術(声帯内にコラーゲンなどの物質を注入して、声帯のボリュームを増やす施術)やリハビリを受けて歌手活動を続けられていました。

水木一郎車椅子でステージに上がり熱唱(2022年11月8日)

水木一郎さんは、2022年11月8日の東京・中野サンプラザで行われた日本歌手協会「第49回歌謡祭~さよならサンプラザ~」に出演されました。

その際、特注の車椅子でステージに上がられたとのことです。

車椅子は革張りで、スタッズがかっこよくあしらわれたものだったそうです。

代表曲「マジンガーZ」を座って熱唱されました。

また、ステージ上では

「生涯現役を目指しているので、皆さんも生涯現役で。1日も早く元気になって戻ってきます」

と、生涯現役で頑張りたいとの意思をお話されたとのことです。

水木一郎最後のステージは2022年11月27日、生涯現役を貫いた

水木一郎さんの最後のステージとなったのは、2022年11月27日に行われた「水木一郎・堀江美都子 ふたりのアニソン#19」でした。

東京・よみうり大手町ホールで行われたアニソンライブで、満面の笑みを浮かべていたとのことです。

 

思うようなパフォーマンスができなくなっていたものの、生涯現役を目標に活動されていたことが、水木一郎さんご自身の中でも大きな喜びとなっていたのではないでしょうか。

 

そして、2022年の12月6日に体調が急変し、救急搬送された病院で息を引き取られたとのことです。

本当に最後の最後までステージに立たれていた水木一郎さん。

脳転移、リンパ節転移、髄膜播種を伴う厳しい病状だったにも関わらず、「生涯現役」を本当に実行されたのだと感じました。

水木一郎の肺がんはステージ4!車椅子で闘病生活中も生涯現役を貫いた:まとめ

こちらの記事では、アニソン歌手の水木一郎さんの肺癌のステージや、発覚してからの闘病生活と治療や手術について、また車椅子ライブや最後のステージについて紹介しました。

 

障害現役を貫いてステージに立たれた生きざまは、多くの方に夢と希望を与えてくださいましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
関連記事

フラワーデザイナーの柏木ひとみさんは、2022年11月30日に38歳の若さでこの世を去られました。柏木ひとみさんの旦那さんや子供、ご両親などのご家族についてや、乳がんの闘病について、プロフィールとあわせて紹介しますね。こちら[…]

柏木ひとみの家族・旦那(夫)や子供,両親(父と母)についてと乳がん闘病やプロフィールについて