京都の西陣織の細尾とは?ギャラリーやカフェが人気

京都にある西陣織で有名な細尾はギャラリーやカフェがあり、人気のスポットとなっています。

こちらの記事では、西陣織で有名な細尾について、また細尾のギャラリーやカフェについて紹介しています。

細尾のギャラリーやカフェが気になっている方はチェックしてみてくださいね。

京都にある細尾は西陣織の製造販売をしている会社

株式会社細尾は、1200年の伝統を持つ京都の西陣織の老舗です。

「細尾」は元禄元年(1688年)、京都の西陣において創業しました。本願寺より「細尾」の苗字を受けたそうです。

 

「細尾」は西陣の織屋としての歴史を重ねる一方、1923年、9代目当主・細尾徳次郎氏によって帯・きものの卸売業を始め、以降は織屋と問屋の事業をされているそうです。

 

「細尾」の使命は2つあるそうです。

①世界に誇る「西陣織」の高い技術と芸術性を掲げ、その可能性を深め広げること

②きもの問屋として日本各地の伝統的染織文化を紹介し、きもの文化を未来につなげていくこと

日本だけに留まらず、世界へ日本の伝統的であり革新的な技術をつかった商品を発信されている「細尾」を日本人として誇りに思います。

 

2008年、海外に出展していた帯が世界的デザイナーで建築家のピーター・マリノ氏の目に留まり、クリスチャン・ディオールの上海の旗艦店壁面を飾るファブリックとして西陣織を使用したいとの依頼を受けました。

ピーター・マリノ氏が求める生地幅が150㎝だったということから、150㎝幅まで作れる織機を開発したそうです。(それまで織機では幅32㎝しか作れなかった)

 

その結果、壁面だけではなく、椅子、ソファー、洋服、インテリアと格段に広がり、今では世界各国で西陣織が使われています。西陣織の「技術」と「素材」が世界に認められたのですね。

 

細尾商店の西陣織は世界の名だたる有名デザイナーから指名を受け、生地でありながら立体的で、さまざまに表情を変える織物は、最高級のホテルや車の内装、さらに東京オリンピックのステージ衣装にも用いられています。

 

細尾の携わったプロジェクトについては、こちらの細尾の公式HPで紹介されています。

また細尾の職人である金谷博氏についてもこちらの記事で紹介していますので興味のある方は読んでみてくださいね。

 

また、株式会社細尾の社長である細尾真孝氏の著書「日本の美意識で世界初に挑む」という本もあります。

ディオール、シャネル、エルメス、カルティエ…など、世界の一流ブランドを魅了する経営者の神髄とは!?

ノウハウ本というよりは、働き方や暮らし方が変わる、人生を豊かに生きるためのヒントが詰まった一冊となっています。

細尾のショールームの場所は?

「HOSOO FLAGSHIP STORE」(ほそおフラッグシップストア)は、地上5階で構成される国内唯一の「HOSOO」旗艦店です。

京都府の烏丸線・東西線の烏丸御池駅/6番出口より徒歩2分の場所にあります。

 

HOSOO(公式HP)

住所:〒604-8173 京都市中京区柿本町412

電話番号:075-221-8888

「HOSOO FLAGSHIP STORE」各フロア案内

「HOSOO FLAGSHIP STORE」の各フロアについて紹介しますね。

1階は「HOSOO」のホームコレクションと「HOSOO LOUNGE」

家具、カーテンなどの「HOSOO」のホームコレクション

パーソナルオーダーに合わせて、職人が1点ずつ仕上げてくれるそうです。

オンラインストアから国内外への発送も可能です。

 

1階奥にはカフェ「HOSOO LOUNGE」(ほそおラウンジ)があり、季節限定のスイーツやお茶などを伝統工芸の器で楽しむ事ができます。

重ね色目のマカロンが人気だそうです。ちょっとした手土産にも喜ばれそうですよね。

https://twitter.com/azusasegawa/status/1400088660188352516

素敵なマカロンやショコラはこちらのオンラインストアでも購入可能だそうですよ♪

2階は「HOSOO GALLERY」

「HOSOO GALLERY」(ほそおギャラリー)

アートやデザイン、工芸、サイエンスなど、多角的な視点から染織を扱う企画展示を不定期にて開催しています。

現在の展示はHOSOO GALLERYの公式HPから確認できます。

3階は「HOSOO SALON」

「HOSOO SALON」(ほそおサロン)

完全紹介制のメンバーズエリアです。

人間国宝や日本工芸会正会員、日本各地の染織作家・工房が手がける逸品や、若手作家たちによる作品まで、豊富に取り揃えているそうです。

5階はホール

完全紹介制のメンバーズエリアです。

多目的に使用されるホールとなっているようです。

まとめ

株式会社細尾は、1200年の伝統を持つ京都の西陣織の老舗です。

細尾のショールームである「HOSOO FLAGSHIP STORE」は、地上5階で構成される国内唯一の「HOSOO」旗艦店で、細尾の素晴らしい西陣織に出会えますし、「HOSOO LOUNGE」(ほそおラウンジ)があり、季節限定のスイーツやお茶などを伝統工芸の器で楽しむ事ができます。

京都に行った際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。