セルジュニャブリの本名の読み方はグナブリー?ナブリー?ドイツ人は何て呼ぶの?

サッカーワールドカップドイツ代表のセルジュ・ニャブリ選手は、ブンデスリーガ・FCバイエルン・ミュンヘン所属のサッカー選手です。

名前の「Gnabry」という表記は、日本では「ニャブリ」と読まれていますが、他のドイツ選手からの呼ばれ方が「グナブリー」と聞こえるので本名の正しい読み方について調査してみました。

こちらの記事で紹介すること

●セルジュニャブリの本名の読み方はグナブリー?ナブリー?ドイツ人は何て呼ぶの?
●セルジュ・ニャブリの本名の読み方について世間の声は?

うさみー
こちらの記事ではサッカーワールドカップドイツ代表のセルジュ・ニャブリ選手の本名の読み方について「ニャブリ」「グニャブリー」「グナブリー」「ナブリー」など色々ありますが一体どれが正しいのか、ドイツ人は何と呼んでいるのかについて紹介しています。

セルジュニャブリの本名の読み方はグナブリー?ナブリー?ドイツ人は何て呼ぶの?

セルジュ・ニャブリ選手の本名は、英語表記で「Serge Gnabry」と書きます。

これって本当にニャブリって読むの?と疑問に思い調べてみました。

 

サッカー指導者、解説者の鈴木良平さんの解説によると、ドイツ現地の読み方は、名前の頭に微妙に「グ」が入る「ンニャブリー」といった読み方が適切なのだそうです。

 

「Gnabry」ののように、「G」の文字が名前の頭に入ることは非常に珍しいそうで、日本語として読み仮名をつける時、実はGの発音も入れて「グナブリー」や「グニャブリー」としてあげる方が誠意があるとのことでした。

 

そういった意味もあり、NHKでの表記は「グナブリー」となっているのかもしれませんね。

 

ちなみに、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のサッカー選手ハサン・サリハミジッチ選手は、ニャブリ選手の事を「グナブリー」と呼んでいました。

 

日本では、頭に微妙に「グ」が入るという表現はカタカナ表記が難しく、ドイツ現地の読み方の「ンニャブリー」に近い「ニャブリ」が一般的に広まったようです。

ワールドカップ 2022 ドイツ サッカー ユニフォーム Gnabry Serge ニャブリ セルジュ ユニフォーム ジュニア サッカーウェア サッカートレーニングスーツ 子供用
QNDREZ

セルジュ・ニャブリの本名の読み方について世間の声は?

セルジュ・ニャブリの本名の読み方問題についてはTwitterでも疑問に思われている方が多いようです。

世間の声をいくつか紹介しますね。

セルジュニャブリの本名の読み方はグナブリー?ナブリー?ドイツ人は何て呼ぶの?:まとめ

こちらの記事ではサッカーワールドカップドイツ代表のセルジュ・ニャブリ選手の本名の読み方について「ニャブリ」「グニャブリー」「グナブリー」「ナブリー」など色々ありますが一体どれが正しいのか、ドイツ人は何と呼んでいるのかについて紹介しました。

 

日本で「ニャブリ」が一般的に広まっていますが、本当は「グナブリー」と呼んだ方が誠意があるそうです。

ただ「ニャブリ」という音の響きは覚えやすく、印象に残るので「ニャブリ」で広まってしまったのかもしれませんね。

関連記事

サッカーワールドカップドイツ代表(背番号3)で、RBライプツィヒ所属のダヴィド・ラウム選手は、腕や足に多く彫られたタトゥーがとても印象的ですね。一体どのような柄のタトゥーを入れていらっしゃるのか、またいつから入れているのか調査してみ[…]

ダヴィド・ラウム(ドイツ代表)選手のタトゥー何柄?手足や首の刺青はいつから?