デザインする上でのフォントの選び方について

デザインする上でのフォント選び方は、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

デザインする上で、フォントの選び方や使い方によって出来上がりの印象が大きく変わりますし、情報の伝わり方も変わってきてしまいます。

 

デザインとは情報を伝える手段の一つであり、使用される文字もデザインの大きなテーマであり、大切なデザイン要素の一つです。

フォントが求めるデザインイメージに適していないと、適切に情報が伝わらず、目的を達成できないデザインになってしまいますし、洗練されたデザインではなくなってしまいます。

 

こちらの記事では、デザインする上でのフォントの選び方において、大事なポイントを説明していきます。

 

デザインする上でのフォントの選び方

 

①目的に合っているか

フォントはデザインの目的に適したものを選びましょう。

長い文章に使うフォントは可読性の高いものを選んだ方が良いですし、読み方を誤認しないようなフォントを選ぶべきです。

また、目立たせたい場所に使うフォントは印象的でパッと目に止まるものが適していますよね。

例えば1枚のポスターのデザインの中でも、それぞれ目的に合ったフォントを複数用いて使い分ける事で、クオリティの高いデザインになるでしょう。

 

②イメージに合っているか

フォントのイメージを考えて使ってみましょう。

明朝体は美しく洗練されたくびれ(太さの強弱)があり繊細な雰囲気ですし、ゴシック体はカチッとしてしっかりとした雰囲気がありますよね。

また手書き風フォントは遊び心があり、親しみや個性を感じる事ができます。

どういったデザインイメージにしたいか目的を持って、作りたいデザインイメージに合ったフォントを使い分けるようにしましょう。

 

③ウェイトを選ぶ

フォントにはウェイト(太さ)が数種類提供されているものがあります。

同じフォントでもウェイトを変更することによって、イメージを変えることができます。

 

提供されているウェイトの種類が多いと、微妙なニュアンスや量感の調整をすることができるのでデザインする際に使いやすいですよね。

ウェイトが太いと、力強く活発で元気な印象になりますし、逆に細くなると繊細で女性的な印象になっていきます。

 

文字は印刷物の大きさによっても、ウェイトは重要になってきますので注意しましょう。

小さい文字なのにウェイトが太すぎると潰れがちで読みにくくなってしまったり、大きい文字なのにウェイトが細すぎるとスカスカしてバランスが悪くなってしまう事があります。

デザイン全体のバランスをみてフォントのウェイトを選択するようにしましょう。

 

④和文と英文を両方使う時は見た目の相性の良い書体を選ぶ

デザインの文章の中で和文と英文が両方使われている時、それぞれのフォントを選ぶ時に気を遣ってみてください。

和文にゴシック系の書体を使っている場合、英文もシンプルで飾りのないサンセリフ系の書体から選ぶべきですし、和文に明朝系の書体を使っている場合、英文は似たような飾りのあるセリフ系の書体から選ぶ方が良いでしょう。

同じようなフォントのデザインイメージを持つ書体を選ぶ事で、デザインの美しさやクオリティーを保つ事ができます。

文字の太さや大きさのバランスをみて、和文と英文のどちらか一方が目立たないようにすることで可読性は高くなりますし、読み手のストレスは軽減される事でしょう。

 

デザインする上でフォント選びに役立つ、フォントサービス

 

Google Fonts

Googleが提供する無料のフォントサービスです。

日本語のフォントは少なめな印象ですが、英語のフォントは多く提供されているのが特徴です。

Webフォントとして利用することができます。

 

Adobe Fonts

AdobeのPhotoshopやIllustratorを利用されている方はご存知かと思いますが、Adobe Fontsは、Adobe Creative Cloudを契約すると利用することができるフォントサービスです。

Google Fontsより日本語フォントの種類が多いので、日本語フォントを探したい場合はおすすめです。

 

まとめ

今回の記事では、デザインする上でのフォントの選び方について説明しました。

フォントに対する少しの気遣いで、デザインの印象が大きく変わってきますので、是非参考にしてみてください。

・それぞれのフォントの特徴をとらえ、デザインイメージに合ったフォントを使い分ける
フォントの持つイメージを考えて、デザインイメージと合致するものを選ぶ
・デザイン全体のバランスをみながら、デザインしたいイメージに合うフォントのウェイトを選ぶ
・和文と英文を1つの文章内に使う時は、見た目のフォントデザインが似ているフォントを選び、どちらか一方が目立ちすぎないようにウェイトやサイズを調整する