電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐ為に気を付ける事

  • 2021年9月9日
  • 2021年9月9日
  • 生活

電子レンジの発火や爆発の事故などをたまにニュースでみかけます。

電子レンジは毎日のように家で使っているものなので、事故が起きたら怖いですよね。

爆発や発火の事故にならないように気を付けたいものです。

こちらの記事では、電子レンジの爆発や発火を防ぐために気を付けるべき点をお伝えします。

Sponsored Link

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐ為に気を付ける事①金属類は温めない

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐ為に気を付ける事①金属類は温めない

電子レンジでの爆発や発火の事故を防ぐ為に、金属類はレンジで温めないようにしましょう

電子レンジでアルミホイルを温めてはダメという話は良く聞きますが、ステンレスを含むすべての金属がNGです。

金属を温めてしまうと火花が出て、電子レンジが壊れてしまう事がありますし、最悪の場合発火する恐れがあります。

万が一、間違えて入れてしまった場合はすぐに運転をストップしましょう。

Sponsored Link

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐ為に気を付ける事②生卵、切っていないゆで卵は温めない

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐ為に気を付ける事②生卵、切っていないゆで卵は温めない

電子レンジでの爆発や発火の事故を防ぐ為に、生卵やゆで卵はレンジで温めないようにしましょう。

殻のついたままの卵は蒸気の逃げ場がなく爆発の原因となります。

また、割った状態の生卵でも、黄身の部分に膜が張っていますので、こちらも爆発の原因となりかねません。

ゆで卵も切っていない状態での加熱は蒸気の逃げ場がなくなってしまいますので加熱しないようにしましょう。

切った状態でのゆで卵は温めても問題ありませんが、温めすぎには注意しましょうね。

Sponsored Link

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事③水分量の少ない野菜に要注意

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事③水分量の少ない野菜に要注意

電子レンジでの爆発や発火の事故を防ぐ為に、水分量の少ない野菜は注意が必要です。

さつまいもなどのイモ類、にんじんやかぼちゃなどは、水分量の少ない野菜なので、電子レンジで温めると焦げたり発火する恐れがあります。なので、一度水に浸して濡らしてからサランラップに包み、水分が逃げないようにして温める事をオススメします。

私はジャガイモなどを電子レンジで温める時、水で軽く湿らせて耐熱皿の底に少しだけ水がある状態でレンジするようにしています。

Sponsored Link

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事④ウインナー、明太子に要注意

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事④ウインナー、明太子に要注意

電子レンジでの爆発や発火の事故を防ぐ為に、ウインナーや明太子にも注意してください。

ウインナーや明太子を電子レンジで温めた時、パーン!と何かが弾けたような音を聞いた事がある方も多いかと思います。

ウインナーや明太子のように、皮で包まれているものは過熱した時に破裂する恐れがあります。

対策としては、あらかじめ切っておく事で蒸気の逃げ道ができますので、大きな破裂を防ぐ事ができます。

Sponsored Link

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事⑤飲み物の温めすぎに要注意

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事⑤飲み物の温めすぎに要注意

電子レンジでの爆発や発火の事故を防ぐ為に、飲み物の温めすぎには注意が必要です。

飲み物などの液体を電子レンジで温めるとき、何らかの衝撃で突然沸騰してしまう事があります。

気付かずにレンジからすぐに出してしまうと、熱い飲み物が飛び散って火傷をしてしまう可能性があります。

温めすぎたと感じた時は、加熱が終わった後、レンジの扉を閉めたまま数分待って、冷ましてから取り出すようにしましょう。

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事⑥庫内のお掃除をしよう

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐために気を付ける事⑥庫内のお掃除をしよう

電子レンジでの爆発や発火の事故を防ぐ為に、庫内のお掃除はこまめに行いましょう。

油汚れや、食品のカス、コゲなどがある汚れた状態で電子レンジを使用すると、汚れから火花が飛び散って発火する恐れがあります。

ですので、庫内が汚れたまま電子レンジを使い続けるのは危険です。

 

こびりついたレンジの汚れを落とす簡単なお掃除方法として、オレンジやミカンなどの柑橘類の皮を使う方法があります。

①食べ終わったオレンジやミカンの皮を1~2分レンジで加熱します。
②温めたオレンジの皮は熱いので、少し冷ましてから、皮の内側部分で庫内の汚れをふき取ります。
③最後、布巾でサッとふけば汚れが落ちます
簡単なので、オレンジやミカンを食べた時は是非試してみてください。

事故増加中、電子レンジの誤使用

突然の爆発とか発火が怖いですよね。

事故を防ぐために、正しい電子レンジの使い方をするようにしましょうね。

まとめ

電子レンジでの爆発や発火などの事故を防ぐ為に気を付ける事として、6点を挙げてみました。
①金属類は温めない
②生卵、切っていないゆで卵は温めない
③水分量の少ない野菜に要注意
④ウインナー、明太子に要注意
⑤飲み物の温めすぎに要注意
⑥庫内のお掃除をしよう
電子レンジは気軽に食品を温める事ができて、私たちの生活になくてはならない存在ですよね。
しかし、思わぬところで事故が発生してしまうのも事実です。
事故のないように安全に使用しましょう!
Sponsored Link