CGデザイナーに女性が少ないのはなぜ?

CGデザイナーといえば、ゲームの映像や映画やアニメの映像を作るお仕事ですが、CGデザイナーは女性が少ないのはなぜでしょうか。

私はCGデザイナーとして企業勤めをしてきましたのですが、確かに女性社員は少なかったです。

CGデザイナーになぜ女性が少ないのか私なりに3つ挙げてみますね。

Sponsored Link

CGデザイナーに女性が少ない理由①労働時間が長くなりがちで体力が必要だから

CGデザイナーに女性が少ない理由として、労働時間が長いという理由が挙げられます。

CGデザイナーは仕事量も多い上に、クオリティーを高くするためにこだわる部分もあり、終わりの見えない仕事になりがちです。

なので、おのずと作業時間が長くなってしまい残業や徹夜を多くしてしまうケースがあります。

 

周囲にあわせて残業を多くすると、女性は体力的につらくなってきますし、徹夜というのは女性にとって倫理的にも衛生的にも心配な部分がありますよね。

今は、働き方改革などもあり、労働時間について見直すようになった企業も多いのですが、長時間残業が多く行われているのも事実です。

このように、CGデザイナーは拘束時間が長い仕事であるというイメージが未だにあるのではないでしょうか。

Sponsored Link

CGデザイナーに女性が少ない理由②女性が働きやすい環境が整っている職場が少ないイメージがある

CGデザイナーに女性が少ない理由として、女性が働きやすい環境が整っている職場が少ないイメージが未だにあるからだという事が考えられます。

女性としては、結婚した後出産の事も考えたりすると思うのですが、出産時の会社の制度がどのくらい優遇されているかが気になるところですよね。

また、子育ての際に働き続けるには時短勤務が必須になる場合もあります。

 

少し前までは、産休、育休や時短制度が整っている会社がCGデザイナーの職場では少ない印象がありました。

今では多くの会社が女性の働きやすさについて積極的に考えてくれるようになったと思いますが、未だに女性の働きにくい職業というイメージがついてしまっているのではないでしょうか。

残業や徹夜が多いというイメージも相まって、女性のはたらきにくい職種と考えられているのでしょう。

しかし、実際は出産して子育てをしながらCGデザイナーをされている女性の方も沢山いらっしゃいますよ。

Sponsored Link

CGデザイナーに女性が少ない理由③もともと男性が多い仕事である

CGデザイナーに女性が少ない理由として、3DCGデザイナーは工学系の要素が多いので、もともと男性が多いという理由が挙げられます。

大学でも工学部は男性の方が多いですよね。

男性が多い職場なので、女性は男性の中に入っても平気な人、対等に話せる人でないと続けられません。

そういった理由でも、職場環境が合わないと感じた女性は辞めてしまうでしょう。

Sponsored Link

まとめ

今回の記事では、CGデザイナーに女性が少ないのはなぜなのか私なりに考察してみました。

①労働時間が長くなりがちで体力が必要だから
②女性が働きやすい環境が整っている職場が少ないイメージがある
③もともと男性が多い仕事である

このような理由から、女性が少ない職場でると考えました。

しかし、女性の働きやすい会社も増えていますので、今後は女性のCGデザイナーがもっと増えるのではないでしょうか。

Sponsored Link