2008年9月29日、中目黒にオープンしたカフェです。オリジナルローストのコーヒー豆を
ネル/ペーパードリップで1杯ずつ抽出したコーヒー、各産地から厳選した茶葉を使用し、
ポットサービスで提供する紅茶、すべてオリジナルのケーキをお楽しみください。


「珈琲時間」の取材
__.JPG
先日、取材がありました。
今回は年4回大誠社さんから発行されるムック本の「珈琲時間」2011年 春号です。
「珈琲時間」は、コーヒーをこよなく愛する人達がより深く楽しむための
ノウハウやライフスタイルの紹介をしている本で、
今回は、リニューアル号として発行されるそうです。

ファソンは、第一特集の「うちカフェのいろは」のドリップ方別の名店紹介で
ネルドリップの名店として紹介していただきます!

エスプレッソやカプチーノなど、マシンを使ってのコーヒーを扱う店が増えている中
ネルドリップを継承していきたいと考えるファソンにとってもうれしい取材となりました。
取材中、カメラマン、ライターの方とオーナーがコーヒーの話でとても盛り上がっていたので、
発売が今から楽しみです。

ファソンでは、通常はペーパードリップですが、プラス100円でネルドリップを楽しんでいただけます。
まだネルドリップを飲まれた事がない方も、普段からネルドリップを楽しまれている方も、
ファソンのネルドリップをぜひお試しください!
「珈琲時間」は2011年3月27日の発売となっていますので、皆さんも楽しみにしていて下さいね!
GK
19:11 diary comments(1) trackbacks(0)
comment
こんちは、その「珈琲時間」でライターを担当しました、タカダです。

いやいや、ホントに美味すぃーコーヒーに脱帽でした。

自家焙煎のお店から直接豆買って、自分で挽いて淹れるようになった時以来の目からウロコ状態でした。

あれ以来、岡内さんのマネをして家では、ペーパーですが 熱湯は使わず蒸らしだけでもじっくりじっくり時間をかけてやるようにしたら、やっぱ、違いますわ。

小生は、冷暖で味が変わる、「アチェガルーダ」の冷えたときの優しい酸味とホロ甘い後味が好きなのですが、岡内さんのプチマネしただけで、温かくてもあの酸味と甘味がよりよく感じられるようになりました。

「今のところのベストですが、よりよい方法があれば乗り換えます」とか「(若手のアーティストたちと)一緒に発展する場にしたい」などの、姿勢にも感じ入るモノがありました。

また、近くに寄った際は、仕事抜きで美味しいコーヒー飲みに参りますね。

岡内さんと同じく、ホント楽しい仕事(取材)でした。

こちらこそ、ありがとうございました。

From. yamnya at.2011/03/02 16:31









trackback
http://cafe-facon.com/trackback/227
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
LINKS
Restaurant-I
Restaurant-I
Wine Cafe Ohanaya
ohanaya
Crattini
Crattini
菓子工房ルスルス
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
RECOMMEND
cafe facon photos